みなさんの“?”を解決 家づくりの知識

みなさんの“?”を解決 家づくりの知識

家の中で感じること② 

毎日の生活の中で室温と湿度を気にする季節といえば、夏と冬。

一年中春や秋のようなすごしやすい気候だったらいいのになーなんて思ってしまいます。

ですが、日本は夏は高温多湿。冬は乾燥との闘い。天気予報では最高気温や最低気温をついついチェック。

夏は湿度も高けりゃ気温も高い。気温が高いと汗も乾きそうですが、湿度が高いため汗が乾くことができずベタベタ。冬はカラっとした空気だけれど、その乾燥からお肌カサカサ。そして寒いから布団から出るのが億劫・・・。体の末端は冷えたまま。

気温や湿度なんて気にしなければ暑いとか寒いとかベタベタするとかカサカサするとか気にならないかもしれません。ですが、ついついチェックする天気予報では、毎日気温は発表されています。それくらい生活に身近なものなのだと思います。

外の気候が気温や湿度で変化するように、建物内でもで室温や湿度が上がったり下がったり。ですが、建物の中(家の中)の室温や湿度を把握しておくと、快適に過ごすための対策を練ることができます。

今は時計で室温や湿度を一緒に見れるものがたくさんありますね。室温があまり高くなくても、湿度が高い(70%前後)とやはり不快ですし、湿度が低い(40%前後)だと肌がカサカサになります。「こんなもんだ」と我慢するのではなく、快適に過ごすためには室温の調整も湿度の調整も必要だということがわかります。

そこで活躍するのは、やはりエアコンでしょうか。これから家つくりを考える方、リフォームを考える方で、家にエアコンは必要ありません!という方の方が少ないと思います。

eakon_reibou.png

各部屋にエアコンが必要だと思いますか?快適に健康に過ごすための家は、各部屋にエアコンは必ずしも必要ではありません。高性能住宅はにすると、家1軒に必要なエアコンの台数も少なくていいのです。

高性能住宅は、経済的な生活ができる家でもあります。家つくり・リフォームを検討する際に、今住んでいる家の室温や湿度の状態を知っておくと、改善策の参考になると思います。

湿気や湿度とはなにか?

もっと見る

熱や温度とは?

もっと見る

お客様との家づくり日記

イベント・お知らせ

【家博モデルハウスin多肥上町】販売中!!

情報更新日
2019
01.11

かがわ家博が開催されました、高松市多肥上町のモデルハウス* 会期中はたくさんの方...…

【ご予約制】新築邸個別案内@高松市香川町

情報更新日
2019
01.06

ご新築されたばかりの素敵なお家を、お施主様のご厚意により特別にご案内いたします!...…

冬季休業のお知らせ

情報更新日
2018
12.28

2018年 皆様今年も大変お世話になりました(*´ω`*) 幸せを形にする、家づ...…

UP

DOWN

PAGE TOP